愛知で結婚式を挙げるのに知っておきたいこと

愛知で結婚式を挙げたいと考えている場合、一生に一度の二人のイベントともなるので二人らしさを出すというのも必要なのですが、二人のために集まってくれる人たちのことも考えながら選ばなければならないことを認識しておく必要があります。招待客に楽しんでもらいながらも不便な思いをさせないことが重要であり、挙式の後に行う披露宴の会場についても考えなければなりません。結婚は、二人だけの問題でなく両家とのつながりでもあり、両親や親戚からもアドバイスをもらうことにもなります。それによって喧嘩をしたりといったトラブルもあるものですが、これからの結婚生活も考えてお互いの意見を尊重しつつ、招待客のことを第一に考えながら挙式会場と披露宴会場を選ぶことも必要になります。

愛知県外からの招待客が多い場合には

二人の地元が愛知県内であればいいのですが、遠方になれば家族や親戚、幼馴染の友人に遠方から来てもらうことにもなります。そうなれば、新幹線や飛行機で来てもらうこともあり、移動にも便利な駅前や空港周辺の施設で結婚式を行うと不便な思いをさせません。また、挙式の始まる時間が午前中となれば、始発で出発して来てもらっても間に合わない可能性があり、午後からの挙式で披露宴の終了時間が夕方になるようであれば、その日のうちに自宅まで帰ることができないという人が出るケースもあります。現地で一泊してもらうような人が多いのであれば、宿泊施設も備わっているホテルでのウェディングが向いています。大きな荷物を置いたり着替えをするにも、部屋で済ませてもらうことができるのでとても便利です。

高齢の人や小さな子供さんがいるファミリーが多い場合には

結婚式は、親せきの人やお世話になった学校の先生、職場の先輩などさまざまな年代の人にも参加してもらうことになります。その中には、高齢で足腰が悪く移動が大変だという人もいれば、小さな子供さんを連れたファミリーで参加してもらうこともあります。そうなると、移動をするにも大変です。挙式の後には、披露宴会場に移動してもらうことになりますが、挙式を行うチャペルや神社の敷地内には披露宴会場がないという場所もあります。しかし、敷地内に挙式会場と披露宴会場が用意されている施設もあるので、移動に苦労することもありません。ホテルであれば、上層階に挙式会場があることも多いのでエレベーターで簡単に移動ができ、結婚式専門会場になれば屋根をつたって移動ができる場所も多いので、天候に左右されずに移動することができます。