愛知の結婚式で気をつけたいこと

愛知県の結婚式と言ったら、とにかくお金をかけて、派手に、たくさんの人を招いて盛大に行うというイメージが強いです。最近では自分たちの予算内でシンプルな式を挙げるカップルも増えてきている傾向もありますが、それでも昔からの派手な結婚式の文化は残っています。もしも愛知県で結婚式をすることになったら、どのようなことに気を付ければいいのかを知っておくと安心です。結婚式は自分たちだけでなく、家族や親族、職場の方々や友人などたくさんの人に結婚報告をし、かつ日ごろの感謝の気持ちを伝える場でもあります。そんなことは知らなかった、という理由で失礼な対応をしてしまっては許されないケースもあります。また年配の方ほどこのようなマナーには厳しいものです。しっかりと勉強しておきましょう。

式の引き出物やお祝いの料理にはこだわりがある

式に招かれた招待客に密接に関係するアイテムのというと、当日式でふるまわれるお祝いの料理や、持って帰ってもらう引き出物などがあります。愛知県の式ではこの二つにもこだわりを持っている方が多くいます。例えば、引き出物などは両手で持ちきれないほど大きくかさばり、数も多いほど喜ばれるケースがあります。招待客の負担を考えてギフトカタログにしたり引き出物を後日宅配にしてもらうスタイルにすると、逆に送られてきたものがわからないというトラブルになってしまうこともあるので気を付けておくとよいでしょう。また、当日ふるまう料理にもこだわりがあります。豪華に見え、かつボリュームがあるものが喜ばれるのは当然ですが、メニューにも郷土料理や地元の食材を使うなど、この地域らしい郷土性を取り入れておくと喜ばれることが多いです。

この地域ならではの式の演出を取り入れる

愛知県の式でよく行われる演出の一つに「お菓子まき」があります。この地域では昔から結婚のお祝い事の際には知り合い近所の人を集めて、家などの高い場所からお菓子をばらまく習慣がありました。このような習慣を、自宅ではなく、式のイベントの一つとして取り入れるケースが多いので、式の計画を立てる際にはお菓子まきを行うか行わないか、行うならば準備やどのタイミングで行うのかを検討しておく必要があります。お菓子まきを行う際には、大量のばらまくお菓子を用意しなければなりません。また、招待客はばらまかれたお菓子をみんなで拾うことになるので、ぶつかってケガをしてしまわないように会場のスペースを確保したり、スタッフにも危なくならないように注意してほしい事を打ち合わせておくとよいでしょう。