愛知の結婚式にかかる費用を解説

結婚式にかかる費用はカップルごとに違っていますが、お国柄も重要な要素です。地域の風習として質素堅実から豪華絢爛までさまざまなタイプがあり、知っておくと結婚をする時に役立ってくれます。特に注意が必要なのが愛知県で、こちらは関東と関西の中間に位置していて昔からイベントごとに力を入れています。それゆえ結婚に関してもゴージャスに行うところが多く、本人たちが望む以上に家族や親族が気にする場合があります。伝統でもあり、ある程度は予算を高く設定しておくと良いです。イメージ的にゴージャスなものがありますが、実のところ物価に関しては東京よりも安く設定されているので、思っていたよりは普通という感想もあります。事前に平均値を知っておくと、予算を決める際に役立ちます。

平均値を知っておくと役立ちます

愛知県で結婚式を行う際にかかる費用の平均値は275万円ほどで、全国の平均値は290万円となっており、意外なことにそれよりも低い値です。今から20年ほど前までは花嫁さんが朝自宅から出発するのを近所の人たちが集まって見送り、その際に自宅の二階や屋根の上から盛大にお菓子をばらまくといった風習がありました。さらに嫁入り道具は多ければ多いほど良いと言われていて、紅白の布で包んだトラックで見せびらかすように運んでいきました。しかし昨今は状況が変化してきて、菓子撒きのイベントは結婚式場で行うなどして、費用の節約に努めています。式よりも新婚旅行や新居にお金をかけたいと現実志向が高まっています。ただ地域によっては過去の風習が残っている場合もあり、注意が必要です。

内訳を知ると予算の調整に役立ちます

愛知での結婚式は派手と言われていますが、実際のところは人によって千差万別というのが事実です。ただ昔ながらの風習を考えると、さまざまなものが必要となります。まず式場のハードが重要となり、ゲストが多く、披露宴会場のテーブルや照明が豪華で、引き出物の数が多いです。特に年配の参列者がいる場合は昔ながらの風習を取り入れることが多く、菓子撒きなどを加えるので費用はそれなりにかかってきます。ただ今は家族や友人だけの少人数制もブームとなってきていて、自分たちがどのような式を行いたいかを考えるのが大切です。必ずしも豪華にしなければいけないわけではなく、予算に限りがあるなら省略できる箇所はそうするのがよく、無理は禁物です。互いにしっかりと考えて選ぶ、これが大切になります。