愛知の結婚式の特徴を解説します

人々にとって人生の中でも自分のこれからの将来を決定付ける大きな出来事と言えば、結婚を挙げる人は少なくありません。たくさんの出会いの中から人生の伴侶として一生を添い遂げていく相手と出会えることは素敵な幸せです。今までの自分の人生でお世話になってきた家族や親戚、知人などにその相手をお披露目して感謝の気持ちを伝え、夫婦になる誓いを立てる結婚式にはとても大きな意味があります。価値観が多様化してきた現代社会においては、挙式のスタイルも様々な選択がなされるようになりました。教会や神社、人前式などそれぞれの考え方で式のスタイルを選んでいます。また住んでいる地域によってそれぞれ受け継がれている文化が反映されえている挙式もあります。愛知の結婚式は日本の中でも特に個性が強くて有名です。

愛知の結婚式の最大の特徴はその派手さにある

一般的にも知られている名古屋の挙式のイメージを挙げてみると、とにかく何事に関しても豪華で派手であるという印象を持っている人は少なくありません。実際にあるアンケートで、名古屋で挙式を挙げたカップルや式に主席した参加者に意見を聞いてみると、まさに7割以上の人が「派手だと思う」「少しそう思う」と回答する結果が出ました。具体的に派手に感じたポイントとしは装飾が非常に華やかであったり、ゲストの人数がとにかく多くて賑やかだったり、ウェディングケーキのサイズまではとにかく大きくて豪華だったなどの感想が数多く上がってきます。何から何まで派手にするのではなく、それぞれのこだわりたいポイントに合わせた演出がなされているといった印象を受けます。また、他の地域に比べて、近年は省略されることも多くなった結納も、豪華な形できちんと行っている場合が多いことも挙げられます。

愛知の結婚式が独特の個性がある理由はどこにあるのか

この地域では式当日に行われる菓子まきが独特の習わしとなっています。挙式当日の朝などに家の2階から大きな袋にたくさんお菓子が詰まった詰め物がたくさんまかれます。近隣の住民や子どもたちが集まってそのお菓子の詰まった袋をあやかるのです。近年は挙式後に式場で行うなどスタイルの変化はありますが、文化は受け継がれています。このような独特の習わしがあったり、何かと派手な演出を好むこの個性はどこから生まれてきたものなのでしょうか。もともと地元に対する愛情が深い気質があることで有名なこの土地では、結婚しても県内や実家の近くに住まいを構える人が多く、他の地域と比べても親戚付き合いや近所付き合いが深いという特徴があります。だからこそ、挙式や結納に関しても昔ながらの習わしやしきたりを大事にしていく気質があるともいえるのです。また、愛知の人は見栄っ張りが多いとも言われています。人生に一度の大切な挙式だからこそ、幸せな時間にはお金をかけて盛大に祝いたいという純粋な思いが派手な演出にも繋がっているのです。