発表会の直前でも借りられるレンタルドレス

レンタルドレス 発表会

普段着ないようなレンタルドレスを発表会で着せてあげたいと思うお父さん、お母さんは多いと思いますが、仕事などで中々時間が取れずついつい注文を忘れてしまう事もあるかと思います。レンタルドレスなどは予約制の為、気に入っていても利用日の関係で希望ドレスを利用する事ができない事が多いです。その為、多くの方は希望のドレスを利用できるよう、前もって予約をする事がほとんどです。インターネットの普及が進む現在ではネット予約でレンタルをする事がとても簡単になり、発送の早いお店では平日であれば朝9時までに注文があれば当日発送も可能というお店もあるくらいです。仕事で忙しく中々レンタルドレスの事まで頭が回っておらず、直前になってから慌てて探すにも良いドレスがないとお悩みの方は、発送日の早いお店を調べてみるのをオススメします。

子供の発表会で適したレンタルドレスとは

レンタルドレスを借りる時子供の服装は、どんな服装を探せば良いのか、気を付ける事は何かを悩む方も多いと思います。発表会での服装は地域や会場などの雰囲気により異なりますが、一番は事前に先生などにお聞きしてみるのが良いかと思います。カジュアルすぎる普段着のような服装は避けるようにしてください。女の子の場合、繊細なチュールのドレスなどはかわいらしく見えます。刺繍などが入ると大人っぽい感じもあり、華やかに見えます。スカート丈は長すぎると階段の上り降りの際に転倒する可能性がありますので、ひざ丈かひざ下丈くらいが好ましいです。高学年や中学生くらいの子供の場合はドレスよりもシンプルできちんと見えるワンピースを好む傾向があります。男の子の場合はスーツやブレザーにズボンです。幼い子供の場合はハーフ丈のズボンでも大丈夫です。ジャケットを嫌がる場合はベストなどフォーマルを崩さない様にするのがポイントです。

発表会大切なのはレンタルドレスだけではなく靴や靴下も大切です

発表会でレンタルドレスを着せようと思うとドレスの事ばかり考えてしまい、靴や靴下の事を忘れてしまう事がありますが、靴や靴下も大切な衣装のひとつです。服装が決まったら、靴を考えてみましょう。当日着る服装に合わせ形や色を決めます。ドレスの場合はストラップ付きのエナメルタイプでも良いですし、シンプルなワンピースの場合は革靴もオススメです。男の子の場合は黒や茶色のローファーが好ましいです。注意が必要なのは靴のかかとです。滑りやすい舞台で転倒の危険があるため、特に女の子の靴はヒールの低い靴を選びましょう。靴下もフォーマルな場所では大切です。靴下やストッキングはマナーとして履いた方が安心ですし、フォーマル感がぐっと上がります。夏場など暑い時期はショート丈の靴下やストッキングを着用する事をオススメします。